カテゴリー - ■ナチュラルクリニック代々木

長年の自殺願望から開放された


※ここに紹介する内容は、医療法人社団・一友会「ナチュラルクリニック代々木」で扱った患者さんの実証報告です。   【長年の自殺願望から開放された  東京都板橋区 甘利善治(45歳=会社役員)】  私は小学校の頃から自殺願望があり、歳とともにその願望は増幅され「死そのものを美化」し始めたり、挙句の果てには具体的な自殺の方法を考えておりました。  そして、学生結婚をした私は、いつしか妻をも巻き込んでの心中を考えるようになっていました。学業と結婚生活の両立は難しく、卒業もできず着手した事業にも失敗し、妻が精神障害を患い入院、ついに2人の子供を

続きを読む >

最悪の顔面神経痛が1ヶ月余りで治った


※ここに紹介する内容は、医療法人社団・一友会「ナチュラルクリニック代々木」で扱った患者さんの実証報告です。   【最悪の顔面神経痛が1ヶ月余りで治った  沖縄県 古河宣宗(57歳=陶芸師)】  2002年2月15日の朝、突然右まぶたの麻痺が起こり、それが午後になったら右顔面全体に麻痺状態が広がりました。余りに突然のことで、戸惑いと不安を隠せませんでした。  翌日、近くの内科で診てもらったところ「原因はなんとも言えない、恐らくストレスによるものではないか」ということでした。その医師の処方でステロイド剤を朝6錠(1日1回)とビタミン剤を1

続きを読む >

高機能自閉症が一年でほぼ回復 


※ここに紹介する内容は、医療法人社団・一友会「ナチュラルクリニック代々木」で扱った患者さんの実証報告です。   【高機能自閉症が一年でほぼ回復   米国ワシントン州在住 S・Y(男児)の親】  それは2004年1月29日に届いたメールから始まりました。  「自閉症についてのサイトで、K・リゾレシチンのことをはじめて知りました。5歳の息子が高機能自閉症と診断され、何とか副作用のない方法で回復させたい!と強く願っている者です。私共はアメリカに住んでおりますが、K・リゾレシチンをとりよせることはできますか?」という内容でした。以下はご本人の

続きを読む >