「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取における皮膚シワ改善試験結果


「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取における皮膚シワ改善試験結果

 

shiwa.jpg

被験者 :被験者(46歳 女性)

被験部位:右頬部(口元付近)

試験条件:試験開始1週間前から試験終了までは、一切のサプリメントの摂取を禁じた。

試験方法:被験者の摂取前の被験部位の状態をマイクロスコープにて撮影した後、被験

    試料を継続摂取(11包(5g))し、28日後に再度、同被験部位の状態

    を撮影して、摂取前の状態と比較した。

撮影機器:Video Loupe VL-7EX(スカラ㈱製)

 

 

 

結  果:「K・リゾレシチン生ゼリー」継続摂取によって、シワへの改善が認められた。

       K・リゾレシチン、ビタミンEによる細胞膜保護作用と、海洋性コラーゲン、

                     ナイアシンによる皮膚細胞の再生促進効果、ビタミンA、ビタミンCによる

                     活性酸素除去作用が相乗的に機能し、皮膚シワ改善に顕著な効果が現れたと

                     考えられる。