「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取前後の皮膚表面温度分布測定試験結果


「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取前後の皮膚表面温度分布測定試験結果

 

 

hyoumenondo.jpgのサムネール画像のサムネール画像 

被験者    :被験者A46歳 女性)及び被験者B42歳 男性)

被験部位:被験者A:顔全体及び右腕   被験者B:背中 

試験条件:室温25℃ 湿度51%  試験開始1週間前から試験終了までは、一切

     のプリメントの摂取を禁じた。

試験方法:被験者は試験室入室後、被験部位を露出して、試験室環境になれさせる

                    ために10分間安静にさせて測定を実施した。摂取前の皮膚表面温度分

     布を測定した後、被験試料を摂取(1包(5g))し、60分後及び3

     後に再度皮膚表面温度分布を測定した。

測定機器:Neo Thermo TS-700(㈱日本アビオニクス製)

 

 

 

結  果:「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取によって、抹消血流量の増加に伴う

      皮膚表面温度の上昇が認められた。K・リゾレシチンのα波やエンドル

      フィン増幅幅作用により、血流量が増加し皮膚表面温度の上昇が確認さ

      れたと考えられる。使用後徐々に体温が上昇し、60分後には極めて高

      くなっている。体温低下による免疫力の低下、冷え性の予防効果が期待

                     できる。