「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取における皮膚水分量測定試験結果


「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取における皮膚水分量測定試験結果

 

 

hihusuibun.jpg 

被験者    :被験者A45歳 女性) 被験者B42歳 女性) 被験者C38歳 女性)

被験部位:左頬部

試験条件:室温24℃ 湿度51% 試験開始1週間前から試験終了までは、一切の化粧

                    及びサプリメントの摂取の使用を禁じた。

試験方法:被験者は試験室入室後、試験室環境に慣れさせるために10分間安静にさせ

                    測定を実施した。摂取前の皮膚水分量を測定した後、被験試料を継続摂取

              11包(5g))し、所定の日に再度皮膚水分量を測定した(コントロー

                    はK・リゾレシチン生ゼリー継続摂取実施前に測定した)。

測定機器: Moisture Checker (スカラ㈱製)

 

 

 

結  果:「K・リゾレシチン生ゼリー」の継続摂取において、皮膚水分量の増加が認め

      られた。K・リゾレシチン、ビタミンAによる細胞膜保護や水分保持の効果と、

                      海洋性コラーゲンの皮膚細胞の再生効果が相乗的に作用し、皮膚水分量の増加

                      に効果が現れたと考えられる