臨床例-統合失調症case1


※ここで紹介する内容は、医療法人社団・一友会「ナチュラルクリニック代々木」で直接扱った患者さんの報告です。

 

【統合失調症  東京都 S・M(25歳・男性) 】

 

1997年

  • 高校生の時にある事件が引き金となり、統合失調症を発症。その事件がトラウマとなっていまだに尾を引いている。医療保護入院となったこともある。

 

2005年12月2日 当院初診

  • ここ3年間は向精神薬を飲んでいない。トラウマとなっている事件絡みの幻聴に悩まされている。

K・リゾレシチン、ビタミンミネラル剤、ビタミンB複合体、DHA/EPA、ナイアシン(ビタミンB3)の摂取を開始。

 

 2006年1月13日

  • 「幻聴はあるが、感情のムラも落ち着いてきた」とのこと。

 

2006年2月3日

  •   tie.jpgきちんとネクタイを締めて来院。来院の前、「バイトの面接を受けてきた」と。快食、快眠、快便。まだ幻聴あり。

 

2006年3月24日

  • 幻聴がまだ残る。他のサプリメントも調節しながら、ナイアシン(ビタミンB3)を9g/日まで増量。

 

2006年4月14日

  • 「幻聴という感じはない。高校時代のトラウマのフラッシュバックのよう。あまり恐れるものでもなくなってきた」と。

 

2006年10月

  • その後も一進一退を繰り返しながら、徐々に回復する。現在は週に4日、朝から晩まで働き、残業までできるほどになっている。「たくさん給料をもらいました。糖鎖を試してみたいです」と自分の給料でサプリメントを購入する。体調良好につき、ロサンゼルスに行こうと思って、英会話を習い始める。

 

2007年1月

  • 仕事は週3回。もう少し仕事をしたいと思っている。英語の勉強も順調。

 

2007年2月

  • プラセンタエキスの点滴とK・リゾレシチン他の飲用で気分、体調ともに良好。