自閉症・統合失調症(精神分裂病等)


原因は未だに不明とされていますが、脳内の情報伝達に必須の脳内ホルモンの分泌促進とバランスがとれることで数多くの回復例があります。
統合失調症(精神分裂病)は、ドーパミンの過剰分泌が原因とされています。
「K・リゾレシチンはドーパミンの分泌を促進するので悪いのでは」と思いがちですが、K・リゾレシチンはドーパミンだけ分泌促進するのではなく、各種ホルモンの調節(ホルモンのコントローラーとして、放出ホルモンと抑制ホルモンをコントロールします)を司っているのです。