肺結核


K・リゾレシチンは症状の進行を阻止し、組織への酸素の供給や栄養分の吸収を促すことにより、病状を回復させる手助けとなります。

同時に肺臓、肺胞表面に保水性をもたせてくれますので酸素のとり込みが容易となり呼吸が楽になります。