腎臓病


大豆レシチンは、高タンパク食品中に含まれる必須アミノ酸のフェニールアラニンや、これから生ずるチロシン(出血性腎炎の要因となる)の代謝をコントロールし、コレステロールを低下させます。

水分代謝(利尿作用・発汗作用)を促進してくれますので浮種が軽減されます。