K・リゾレシチン摂取時の脳波について №2


〈試験方法〉

安静状態において、摂取前5分間を測定し、コントロールとした。

その後『K・リゾレシチン』約6gを摂取し、人体の生理変化を摂取後、1時間連続的に測定した。

〈試験結果〉

K・リゾレシチン摂取前のコントロール時では検出されていなかったα(アルファ)波が、K・リゾレシチン摂取後検出され、特に摂取30分後及び60分後では極めて多くのα波が発生した。(下記データ参照)この現象は心身のリラックス状態を示すものであり、また集中力や記憶力が増した状態であることが判る。2段目がα波の変化を示したものであり、赤色が濃い部分ほどα波が増幅されている。


                                   被験者:26歳 女性  実験日:1998年8月7日

data4.jpg

                                  ※画像はクリックすると拡大されます。

 
           〈協力〉  産業医科大学 医学部名誉教授 医学博士 菅野久信