K・リゾレシチン摂取時のマイクロバイブレーション推移について


〈試験方法〉安静状態において、摂取前5分間を測定し、コントロールとした。その後、『K・リゾレシチン』約6gを摂取し、人体の生理変化を摂取後、1時間連続的に測定した。

〈試験結果〉K・リゾレシチン摂取後、筋肉のマイクロバイブレーションが大きく上昇していることが認められた。この現象は、K・リゾレシチン摂取後、血行の促進により筋肉の状態が軟化し、柔軟になっていることを示すものである。

 

         被験者:43歳 男性  実験日:199887

data7-a.jpg

data7-b.jpg

data7-c.jpg

data7-d.jpg

     〈協力〉  産業医科大学 医学部名誉教授 医学博士 菅野久信